Get on speed by TRD2000GT

アクセスカウンタ

zoom RSS レーシングカートからFJ1600

<<   作成日時 : 2005/11/11 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自分は15才から、カートを始めました。
必死にバイトをしましたね。この写真は大井松田のです。
18才の時、関東選手権に出た時のです。
金が無いので、あまり良い物が使えずに、尚かつチームがいまいちでした。
こんなエピソードが有りました。
レース終了後の車検で、車検員の人が、ピストンヘッドの
焼けを見て、これで、良く走ったねと言われました。
キャブが壊れてるじゃないのと言われました。確かに
このときは下のトルクが無くて、苦労したんですが、
やっぱり、キャブがおかしかったみたいです。
ローニードルが詰まってました。
俺がお願いしていた、カートショップの社長は、それが解らなかったんだな〜。
俺は何回も下が無いって言ったのに。社長は素人に毛が生えた程度の人でしたからね。
コンロッドの鏡面加工を、何故そうするかも解らずに、とりあえずやっときゃ良いんだろ
みたいな人でしたからね〜。もう最悪ですよ。本当にチーム選びは慎重に
しないと人生、後悔することになると思うよ。ほんと今でも後悔してる。
ちなみに関東選手権は9位が最高でした。シリーズ中2戦出ました。
自分のクラスは毎戦70台くらい出場していて激戦でした。
この頃、同じレースに出てた人で、フォーミュラーニッポンやJGTCにまで、
上がった人もいました。
関東選手権の途中からFJ1600に乗るようになり、所属していたウィンズガレージの
スクール中の、コースレコードを塗り替えました。
仙台ハイランドで、その当時から10年落ちくらいのマシンで、
ポールが取れるくらいのタイムが出ましたね。現行のマシンで走れば
FJの仙台レコードも狙えましたよ〜。たぶん。FJを1年戦える資金があれば、
F3に上がれたかもな〜。それは無いな(^^)夢見てるな。師匠の内間(ZAPの現監督)さんに、
500万もって、鈴鹿に行くのを勧められましたが、バブル崩壊のあおりを受け
実家の会社が大変な事になり、金が底を付き断念してしまいました。19才の時でした。
どうもレース人生うまく行かなくて、言い訳や、もしもが多くなってしまいますね。
気合いや、がむしゃらに行くとか、そういうのが無いタイプだから、駄目なんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レーシングカートからFJ1600 Get on speed by TRD2000GT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる