Get on speed by TRD2000GT

アクセスカウンタ

zoom RSS SW20 3型その2

<<   作成日時 : 2005/11/14 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


TRD2000GTにしてから、サーキットはまだ、
3回しか行ってません。もっと行きたいんですが、
細かいマイナートラブルが、結構あったり、
タイヤ代もバカになりませんしね。
サーキットでは、Sタイヤなんで、なおさらです。
ちなみにオフセットは、フロント7.5JのOF+11
、リヤ9JのOF+9です。キャンバーは前後、
4度です。ロールセンターアダプターを前後に入れています。
自分の考えでは、ストラット型式は特に、車高を下げていって、
ロールセンターアダプターを付けていない場合、
アームからショックへの入力角が悪い状態になり、ショックの摺動抵抗
(フリクション)が大きくなると思います。その場合、初期の動きが悪くなり、
タイヤに荷重が乗って、つぶれる前に、タイヤの表面で、
滑る感じになり、ねばりがなくなる様な感じに思いました。荷重が
乗りきらずに滑るということです。
グリップの過度特性が、するどい山なりになる感じです。
サスペンションが動く初期の柔らかい部分を、アームの角度の悪さが、
邪魔をして、動きを悪くしているんだと思います。
アダプターを付けると、アームがショックと垂直に近い角度になります。
ロールセンターアダプターの説明は、大抵が付けると
ロール剛性が上がって良くなる説明が多いですが、ジオメトリーの
変化で起きるロールセンターの問題の改善より、入力角の問題で起きる
摺動抵抗を改善してくれる事が大きなメリットになると思っています。
要するにショックのロッドを垂直に押すか、斜めから力を加えロッドを
押そうとするかの違いを想像してもらえば解りやすいかな。
ロールセンターアダプターを付けると、明らかに、グリップに
ねばりが出て、荷重を掛けやすい感じになりました。
直進状態でも乗り心地が良くなります。それと、キャンバーが付く
タイプの物は、材質にこだわった方が、絶対良いです。
ただのアルミ(ジュラルミン系以外)で出来ているのは駄目です。
ねじ山が、しばらくすると、ボロボロになってしましますよ。
ジュラルミン系で出来てるのにしましょう。
ちなみに自分のはキャンバーが2度付くタイプで、A2017Sで出来てます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SW20 3型その2 Get on speed by TRD2000GT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる