Get on speed by TRD2000GT

アクセスカウンタ

zoom RSS SW20 3型 その3

<<   作成日時 : 2005/11/15 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次は自分の足回りの紹介をしてみようと思います。
最近まで、JICのラム式いわゆる倒立タイプのショックを
使っていました。この足は1型から、使用していて、
当時、公認車検を取れる車高調はこれしか無かった時代でした。
標準のレートは、5キロ、8キロでした。最初このレートでも、
足が動かなくて、縁石で跳ね返されるし、荷重が乗る前に、
唐突に滑る足でした。峠も危なくて攻められる物じゃ無かったです。
そこで、ロールセンターアダプターの登場です。これで、劇的に
変わりました。うその様に、スライドコントロールが楽になり、ねばりも
出る様になりました。縁石も踏めるようになりましたね。
雨も速くて、4駆にも負けてなかったです。
それから、3型に乗り換えた時に、減衰の仕様変更をしました。
最終的には、8キロ14キロまで、上げて良い感じになりました。
JICのサスも、オーバーホール後もう7年使ったので、ここで、お別れです。
そして最近クスコのZERO2を友人から、格安で、譲ってもらったので、
これから、どうするか考えたいです。現在のレートは5キロ8キロです。
とりあえずリヤを10キロに上げて、今回はテンダーも入れてみようと
思います。うまくいけば、立ち上がりで、インリフトぎみだった部分で、
さらにトラクションを伝えられるようになるかもしれません。楽しみです。
フロント周りを20キロ軽量化したので、フロントは5キロでいこうと思います。
最近のショックは、フリクション軽減を重視してますよね。今回は
ラムから正立になるので、その辺りも良くなるといます。剛性は落ちますが。
ストラット型式は、車高調自体がサスペンションの剛体を担っているので、
倒立が、剛性的には有利です。フリクションの面では不利ですね。
倒立はケースとカートリッジのグリスも気を遣わなくてはなりません。
ショーワ(ZERO2R)の倒立はケースにオイルラインみたいのが、あるので、
良いですよね。だけど、オーバーホールはメチャ高付きます。
後は、正立でロッドにダイヤモンドコートをしてるのも出てますね。
硬度が上がって平滑性が長く保てるのかな?摩擦係数も下がりそう
ですね。鏡面とどっちが摩擦係数が低いんだろ。
SW用のダイヤコートのロッドのショックは出ていません。残念。
それと良い足はバルブにこだわりがあるのが、多いですね。
初期微動域と、減衰の立ち上がりに注意してるみたいです。
まあ自分は足にこだわりたくても、金銭的に辛い所があるのが現状です(;。;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SW20 3型 その3 Get on speed by TRD2000GT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる