Get on speed by TRD2000GT

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の走り方

<<   作成日時 : 2006/04/19 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

文章が下手なんですが、自分が考える走り方です。
まあ偉そうなことを書ける程の人間では無いのですが。


1〜2年前のオートスポーツのコラム上なんですが、
自然にその様な走りが身に付いていたような事が
イギリスのとあるスクールで、バランススロットルとして書いてあるので、
それもちょっと使わせもらいます。
自分はその書いた人で無いので解釈の間違いもあると思いますが
バランススロットルを自分なりの解釈で取り入れて書いてます。
ちなみにそのコラムは、なるほどと、思う事が結構書いてあります。

まず最初に基本的にそのコーナー、コーナーにおいて、
ある程度、的確に曲がれるスピードを読めるくらいになるまで最初は
走り込みが必要だと思います。
それから、弱アンダーやオーバーが出る領域のコーナーリングを、
ラインに乗せて速く走れる速度域を掴むのが大事だと思います。
急な操作で、アンダーやオーバーを出すのとは違います。
体得していくと、理論が自分の走りにマッチングしてくる部分が出てくると思います。

自分の走り方ですが直線部分は少しロックするくらいでのブレーキングをする。
速度域が高い、ブレーキング時間が短い場合などはそこまで無理しないかな。
切り始めと同時に前荷重を残しながら、フロントの横グリップを
出してやるため、少しブレーキを弱めて、尚かつリヤタイヤの
横グリップと相談しつつ、ラインに乗せる為に
ハンドルを切る量ブレーキ踏力を考えて、アンダーやオーバーに対処
しながら向きを変えていく。
低速コーナーはカウンターを当てる程では無い程度で
少しリヤを流しながら入れれば理想ですね。
高速コーナーはジワっと切って少しアンダーを出しながら
自分は曲がってます。
高速コーナーでは、ブレーキの残しは短く、直線部分で、大体
ブレーキを終わらせ、コーナー前半、クリップまでバランススロットルで
コントロールしていきながらクリップからは全開で脱出していける
ように考えてます。
基本的に高速コーナーになる程、ブレーキは残さない様に走ります。
しかし奥がきつくなってくる場合の高速コーナーや複合コーナーは、
ブレーキ区間がコーナーリング中になるので、また変わってきますね。


低速コーナーでは、クリップ手前まで、ブレーキを残して、
クリップ手前からバランススロットルを使います。
クリップは加速を重視したライン取りで、大抵、少し奥にしたり
してします。

バランススロットルのやり方は、車やタイヤの性格にもよるんですが、
低速コーナーの場合、前荷重にするブレーキは、クリップに付く手前まで、
行います。
そこでクリップ手前でブレーキによるコーナリングや
コントロールを終わらせて、クリップ手前からアクセルによる
マシンコントロールを行うことです。
日本人はクリップに付くまでブレーキを使って、
姿勢変化や速度をコントロールさせる、走り方が多いみたいとのことを
イギリスのスクールの人が言ってます。ホントなんですかね?

まあ要は定常円旋回アクセルコントロールで、アンダーやオーバーを
コントロールしながら限界で曲がれる速度で、ラインをキープする
走りを想像してみて下さい。
横方向のグリップを最大限に出しながら走る状態です。
その時に荷重を意識して、前後のタイヤをうまく使えるように
アクセルで、荷重をコントロールしてやる感じです。
それをコーナリング前半(クリップ手前)から取り入れて走る感じです。
はらむ時はアクセルオフ、スピードが足りてない時は、オンみたい
な微調整も取り入れて、荷重移動も、適宜アクセルで行いながら
脱出に向けて、車の向きを良い状態に準備するための操作をします。
足がアクセルに乗っているので、オンでのタイミングは早く出来ます。
それとアクセルでのコントロールは
ブレーキで、姿勢変化を制御するより安定します。
スピードの乗りも良いと思います。
そこで、うまくバランススロットルで、クリップ手前から少しオーバーを出して、
ゼロカウンターと言うか、舵角を少なくして、アクセルで曲げて行ける
のが、旋回の角度とスピードが高い次元、速い走りにつながるのでは
と思います。
尚かつ、これらの一連の動作はスムーズに繋げて、修正時は
素早く予測して出来るくらいのタイミングで行うのが大事だと思います。

それと同じ低速コーナーでも、尖ったRのヘアピンは
、クリッピングゾーンが少ないので、あまりバランススロットルは使わず、
ブレーキの残しを多くとりスパっと曲げてアクセルを入れて脱出。
Rの部分が長いヘアピンは、クリッピングゾーンが長いので、
バランススロットルを多めに使って曲げていく感じです。
曲がり込む茂原の最終みたいな、中速コーナーもバランススロットル
をすごい使います。
基本的に高速コーナーの進入は、曲がり始めてすぐに、バランススロットル
を使って抜けるのが、良いと思います。


それから失速する様な、スライドはダメですよね。
アンダーでもオーバーでも無駄なスリップアングルは、良くないです。
10%くらいのスリップ率が効率が良いとのことなので、
その範囲をキープして走れるようになれると理想ですよね。
ちなみに自分は、茂原みたいなきついヘアピンがあるサーキットを走る
一日の中でも、アタック中はハンドルを持ち替える事はほとんど無いです。
自分の場合は9時15分の位置で固定してます。
カウンターやアンダーで持ち替えたりは失敗してる時ですね。
ぎりぎりの線をキープ出来る様なマシンコントロールは、走り込みと、
それなりのセンスとセッティング能力が必要になると思います。
それとMR2は、スライドスピードが速いと思うので、動きを予測しながら、
カウンターなりの対処を早く行うのが必要だと思います。
このくらいヨーが出たら、流れるなとか、ここでソーイングと
アクセルを入れたらリヤが出始めるなとか、アンダーが出るなとか、
ある程度、予測が付くようになれれば良いですね。
そうすれば、カウンターも小さくあてるだけで、済みますので、
それを細かく、繰り返しながらスムーズにアグレッシブに
走れるようになると思います。
流れてから、「あっ」と思って対処するとタイムラグが生じるので、
そんな時、MR2は特に、どうしようも無くなりますよね。

それと理論も、色々有ると思います。そして、100%それを
体現出来る訳でも無いと思います。運転のレベルも
色々あって、それぞれのレベルに合った部分で、目指すテクニックも
変わってくると思います。初心者にいきなり自分が書いた様な事を
実践しろと言うのは間違いだと思います。
最初はやはり考えて走るより、慣れろですよね。ある程度思いどうり
操作できるレベルになるまでは、考える事柄を増やし過ぎて動作すると、
運転がぎごちなくなる可能性が出てくると思います。
初心者はまず最初にアウトインアウトや、スローインファーストアウトなどの
基礎的な事だけを頭に入れて置いて走りましょうみたいな事です。
一つ一つ、自然に理論を実践出来るようになったら、又次にステップして
理論と実践を同時進行で、レベルアップを目指していけるのが、理想だと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Get on speed by TRD2000GTさん初めまして。

私も子持ちのMR2ランナーです。家庭では何かと肩身の狭い?思いをしながら愛車を育ててます。

以前はOPT2後援のMR2ワンメイクレースに出場したりしてましたが、その後結婚し子供が生まれてからはなかなか走れなくなってしまいました。たまーに行くサーキットでは毎回リハビリ走行で終わってしまいますが、自分の中で決めた目標達成まではあせらずにがんばりたいと思います。

「自分の走り方」について・・に対しては全然関係ないお話しですみません。まだまだ自分の走り方を人に言えるレベルではありませんので・・また機会がありましたら走り方についてお話させて下さい。
のぶ
2006/06/24 22:43
初めまして、ブログを書いている2\と申します。
のぶさんも、子持ちの方なんですね。同じ立場で同じ車種、
お互い頑張りましょう。
ワンメイクレースに出てたんですね。すごいじゃないですか。
ワンメイクは本気で走ってる人が多かったですよね。
その時自分は結婚の時期と、ラジコンにはまっていた時期だったので、
出てなかったのですが、それに出場していた、ワインズさんや、
裏剣さん、ZOOさんが少し知り合いみたいな感じです。

それと、自分はエクスプロージョンというSWだけのチームに所属して
います。のぶさんは、ブログや、HPはお持ちですか?

自分も最近走れないので、リハビリが必要ですよ。
のぶさんの目標は、どの当たりなんですか?
自分も目標は有るのですが、なかなか実現は難しいですが、
焦らず、楽しみながら、走り続けようと思ってます。
ではまた、気軽にコメントください(^^)/
2\
2006/07/01 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の走り方 Get on speed by TRD2000GT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる