Get on speed by TRD2000GT

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジコン

<<   作成日時 : 2007/01/18 22:51   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

もの凄く久しぶりの更新です。今年もよろしく。
きっと車を降りたのかなと思われてるかな?
MR2は最低、週一回は乗っています。

去年は11月に二人目になる娘が生まれました。
桜楽と書いてさくらです。お姉ちゃんが星楽と書いてせいらです。
少し漢字つながりを狙いました。
まあ、とにかく昨年は家庭と仕事が、とても忙しかったです。

ところで、最近新しく一台ラジコンを作りました。
かなりの部分を自作して、作り上げたので、そいつを紹介します。
カーボン部品、アルマイト処理の無いアルミ部品(バルクヘッド)
、ロアサスアーム、バンパーなどを自分で作りました。
サスブロック、ダンパー、ナックル、ハブ、ドラシャ、デフなどの駆動系
辺りはタミヤ、カワダの流用部品です。

ラジコンをしていない車好きな人にも、興味を持ってもらえたら
嬉しいと思います。

ざっくりと説明してみます。
この車の形態は、1/10サイズの四輪独立サスペンションタイプです。
ダブルウィッシュボーン形式です。
駆動系は1/10、4WDでは珍しい形で、後輪をダイレクトで駆動させています。
前輪にはベルトで、駆動力を伝達させています。ワンベルトです。
フロントには、ワンウェイベアリングが入っており、
リヤタイヤがスリップした時にのみ、フロントに駆動力が伝わる仕組みです。

ちなみにこの手の1/10、4WDタイプの車は、
ツーリングカーのボディを載せ、ゴムタイヤが主流なのですが、
自分の場合はグループCのボディを載せたかったので、
ダンパーを寝かせ、極力低く部品を配置し、スポンジタイヤにしています。
なんとなくAYKサイクロンと、京商ファントムを足した感じですね。
解る人には解る、古い例えですね(^◇^;)

画像

全体を見た物です。
画像

フロント周りです。フロント、リヤバルクはジュラルミン17S、サスアームはMCナイロン、
バンパーはカイダックで製作しました。

画像


リヤ周りです。パワーソースは、ブラシレスモーターです。
LRPのスフィアとベクターです。

一昔前にラジコンをしていた人なら、驚くと思いますが、
ブラシは有りません。本当にメンテナンスが楽で、
ブラシモーターより電気ロスも少なく良い事が多いです。
そして最近のブラシレスは、本当に良く走ります。

しかし結構まだ価格が高くてアンプとモーターで、
5万近い値段がネックです。
全日本では使えませんが、世界戦では、使われ初めています。

ちなみにバッテリーは、昔からのサイズ、サブC6セルで
ニッケル水素電池で現在7.2V4200〜4300mAが主流で、
全日本のレースでは使えませんが、リチウムポリマーで、
7.2V4800mAになっています。
昔は、自分が中高の学生の頃はニッカド1200や1700だったのにね〜。

画像


横からです。ラジコンをしている人には、低さが解ると思います。

画像

画像

画像


シャーシ裏面です。ダクト部分や、へりをC面加工しています。

ちなみに自分はラジコンでも、チームに所属しており、
図面の提供など周りの人の協力も受けて製作しています。

ちなみにチームのリンク先です。
TEAM HIGHSIDE

自分は彫刻屋の名で載っています。
ちなみに走行動画はMOVIEから見れます。
こちらで見れるので、興味の有る方は見てみて下さい。
ちなみに走行時のボディはジャガーXJR-14です。
ロス・ブラウンの秀作のCカーですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジコン Get on speed by TRD2000GT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる