アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自転車」のブログ記事

みんなの「自転車」ブログ


RADAC(レイダック)

2017/03/13 03:03
中学生時代に本当に欲しかった自転車が、BSカラーのRADAC。
あるお店に置いてあって、細いセミスリックに、軽そうな車体、
初めて間近で見るロードレーサーを見たのも相まって、一目惚れしました。
もう30年近く前の話です。

しかし、当時BMXのレース(クロモリメッキのマングース)
とラジコンもしていたので、お金が回らず、
買うことは出来ませんでした。
だけど何十回も見る為だけに行ったりしてました。本当に欲しかったんです。

その後、高校からカート、車に移り、時が経ちました。
そして、結婚をして、子供も出来て、40歳を過ぎ、運動不足から、
中年太り的な感じになった頃、お店で見たMTBが凄く欲しくなり、
そこから、ダイエットも兼ね、自転車にもう一度はまり始めました。

MTBにスリックを履かせて、ウイリーや、バニホ、ジャンプしたり
ちょっと距離走ったりして遊んでいました。
一回着地で失敗して、スプロケが頭に刺さり、血まみれになり四針縫ったりしました。
40過ぎて無理スンナってことですねw
その内、街中で走っていると、ロードと競争みたいな感じになるのが、面白く感じてきました。
そして自然と、ロードが欲しくなり、お店で見た、REACTOに一目惚れしたので、
昨年の事ですが購入しました。
画像



REACTO5000にROTORのパワーメーター付きのクランクと、MAVIC CXR60Tを自分で付けてます。
購入してから一年が経ち、自分でメンテナンスや、部品交換をしながら、勉強をしてきました。

そして、自分にとって、ロードと言えば憧れていたRADACは忘れられない物でした。
オークションで、ちょくちょくチェックしていたのですが、最初はレストアする自信が無かったので、
見ているだけでした。
半年くらい前から、自分でも一台組める気になってきたので、良さそうなのが
有れば買おうと決めました。

そして、ついに、念願のRADACをオークションで先週、手に入れました。
それがこれです。整備前の状態です。

画像

画像

画像


最初は、ハイブリッドのBSカラーが欲しかったのですが、
フルアルミのBSカラーが有るのが解り、そっちが欲しいと思っていました。

カーボンモデルが有るのも解っていたのですが、BSカラーは無いんだろうと思っていました。

しかしこのオークションで初めてBSカラーのカーボンRADACが有るのが解り、驚きと同時に、
どうしても手に入れたい気持ちになりました。

しかしREACTOに結構お金を掛けてしまっていたので、予算があまり無かったのですが、
出せる範囲で、頑張って競ってみるかと思い、入札しました。
結構な高値になるのかなと思っていました。
そしたら、意外にも高値にならず、30500円で落札出来ました。

カーボンだと、クラックなどの劣化具合が解らないので、敬遠してる人も多いのかなと、
思いました。自分が入札したのも賭けみたいな気持ちも有ったのは確かでした。
それと、レイダックはアルミやハイブリッドじゃないと、らしくないと思う人も居るのかな?
そもそもRADACを欲しがる人がかなり減ってるのか・・

しかし、入手してみると、スプロケもタイヤも余り減っておらず、距離は乗ってない感じでした。
それと何年も放置はされてたけど雨ざらしでは無かったみたいで、ネジ類の固着は無く、
すんなりとフレームだけに分解出来ました。
心配だったクラックは無く、表面のクリア層が痛んでるぐらいでした。接合部分も問題無さそうです。
フレームのクリーニング、ペーパー掛けをし、タッチアップをして、クリアーで、塗り直しをしました。
赤黒部分はデカールだったので、作り直しました。
BBやヘッド周りのグリスを入れ直し、ディレイラーはグリスが固着していたので、
分解して組みなおしました。その他バーテープや、ワイヤーアウター、
チェーンとスプロケを交換。
ペダルはリアクトに付けてる物と同じマビックにして、シートは余っていたプロロゴに変えています。
細身のホリゾンタルは格好いい!


画像


画像

画像


ディレイラーは7401DURAでクランクはSANTE、スプロケは楕円のバイオペースです。
楕円スプロケは初体験だったのですが、ちょっと癖みたいな感覚を感じます。
踏み込みを重視した方が良いような感じです。

ホイールはマビックのチューブラーでDURA7速が付いていたのですが、
持っていたNOVATECHの1500グラムくらいのカーボンアルミのクリンチャーに変えてます。
リヤはエンド幅130ミリなので8速に変更しました。
キャパシティーが1T足りてないですが、自分のは取り合えず大丈夫みたいです(汗

Wレバーは、フリクションモードで使ってます。最初、締め付けが弱くて、
トルク掛けた時に歯飛びしちゃいました。

画像


ブレーキは、サンツアーのシュパーブでした。シューをR55C3(アルテ6700)に変えました。
ストッピングパワーは、シングルピボットでも充分有る感じになりました。
調べたら、鍛造だから、剛性があるタイプなんですね。


画像


前オーナーさんはDURA-ACEに無理くり荷台を付けてました。

画像


荒川で距離60キロくらい走りました。
向かい風25q/h、追い風35km/hくらいのペースですが、
REACTOと余り変わらない感じで走れます。
30年前のロードでも性能が良いのに驚きました。
少し乗り心地が良く感じます。

まあFTP180Wくらいの能力しか無いのですがwロード初心者のおじさんなんで当てにならない
インプレです。
自分にとっては、色々とパーツ変えたり車体を変えても速さは余り変わらないということですねw

RADACは特に車体からの異音も無く快調に走れました。
リアクトの方が、フルカーボンなので、ピキパキ結構軋み音がします。

しかし、荒川では、レイダック見たこと無いです。
荒川でレイダック仲間が居れば嬉しいな〜
後、懐かしんでくれる人とか・・・

画像


画像


ちなみにフレームは1380グラム、フォークは636グラムでした。
完成車体で多分8キロ台なんじゃないかな?

型番はRDC530なのかな。オリンピックに出ていたカラーと同じみたいです。
当時完成車35万円くらいだったみたいです。
レイダックのカーボンでBSカラーは、自分のと、オリンピックに出てた車体以外は、
ネット上には出て無い感じなので、希少な物なのかも知れません。
調べたら、フレームセットが22万で販売されてたんですね。
そこから考えてみれば、前オーナーはフレーム単体で買ってるからミックスコンポになってる
のかな?


フォークは謎のシマノ刻印の入ったものです。多分前オーナーが、ハンドルポジションを
上げたくて、ノーマルよりさらに上がる物に変えたのではと思ってます。
意外に軽いのとストレートフォークが格好いいので、これで行きます。

しかし、レストアする為に色々なRADACの情報を上げて頂いた先人の人達に感謝したいです。
色々と参考にさせて頂きました。

くすんだ元の車体から、それなりに綺麗にし、きちんと走れる様に仕上げると、
本当に愛着が沸きますね。眺めてるだけでも幸せな気分になれます。
昔、ずっと本当に好きだった人と、ついに一緒になった感じかなw



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「自転車」ブログ

Get on speed by TRD2000GT 自転車のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる